SEのアウトプット練習帳

関東在住のSEがやりたいこと、やったこと、思ったことを自由気ままに書きます。

情報処理試験(ネットワークスペシャリスト)の対策と勝因分析

2017年秋に受験したネットワークスペシャリストの対策と勝因分析です。
まずは、下記の通りの結果でした。

f:id:tetsu114:20180103180419j:plain

午後Ⅰまではある程度(7割)を取って合格し、午後Ⅱについては61点でギリギリでした。
次にIPAが毎回出している統計情報を見てみましょう。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験:統計情報

 特に注目すべきは、下記のネットワークスペシャリスト試験のPDFです。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験:統計情報:得点分布・評価ランク分布

午後Ⅱを見ると、60~69点が1016名で50~59点が1040名です。

私の受験した感覚としては、午後Ⅱは60点に到達していないんじゃないかという感覚でした。
ただ、蓋を開けてみると61点で合格していました。

何を言いたいかというと、午後Ⅱについては合格率の調整のために得点調整がされているのではないかということです。
この点について、IPAは公式見解を出していないので推測の域は出ないですが、十分に考えられるかと思います。

 なので、試験対策で勉強をするときは、60点を取るための勉強と他の受験者が正解するような問題を落とさないような勉強が必要かと思われます。

その辺をふまえて、試験対策で行ったことを以下に記載します。

1.教科書

まず、教科書については何種類か買うことをオススメします。
#基礎的なものと網羅的なものを2冊程度

①L2、L3の話、TCP・IPの話の基礎を抑えるために利用

②網羅的に書かれているもの1冊目 ※毎年2月ぐらいにその年の改訂版が出るようです。

③網羅的に書かれているもの2冊目 ※毎年5月ぐらいにその年の改訂版が出るようです。

2.問題集

①午前Ⅰ・Ⅱ対策
過去問をひたすら解いて、安定して8割取れるようになればOKです。
問題はIPAからダウンロードし、解説はWebサイトのもので十分です。
#良く分からないところは教科書で理解を深めるようなイメージです。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:過去問題
ネットワークスペシャリストドットコム

②午後Ⅰ・Ⅱ対策

午後についても過去問を解く形式で勉強するのが良いです。
ただ、午前Ⅰ・Ⅱと異なるのが、なぜその解答になるのかを腹落ちさせ、何回解いても同じ解答に辿り着くようにする必要があります。

ポイントとしては、過去4,5年分を複数回(少なくとも2回、できれば3回以上)解く必要があります。
#苦手な(難しいと感じる)問題は、2回目解いても6割に到達しないと思いますので、どの要素技術の理解が浅いか、問題を読み取れていないかを確認し、ケアして、3回,4回と解く必要があります。
#あと、社会人であれば土日祝の勉強が主になるかと思いますので、何日に何年分のどの問題を解くかを綿密に計画してから取り掛かったほうが良いです。(都度計画は見直すこと。)
#午後Ⅰの1問や2問ぐらいであれば、平日の帰宅後にも解けるかと思いますが、午後Ⅱになるとかなりしんどいので、時間のある土日に回した方が良いです。
#また、休日1日使っても午後Ⅱ問題については、2問解いて解答を熟読したら、まる1日ぐらい掛かるかと思います。

あと、午後Ⅰについては1問、午後Ⅱについても1問、毎年新出問題(最近であればIoTやSDN等の旬の問題)らしきものが出題しますが、結局は基礎的な要素技術の積み重ねと問題の十分な読み取りができれば解けるようにはなっています。
#私の場合は、ネットワーク関連の業務に従事していないのと、旬な技術のキャッチアップが弱かったので、過去問で見たことのある問題を積極的に選択するようにしました。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:過去問題

3.講座

講座について金銭的・時間的に受講できるのであれば、受講したほうが良いです。
#強制的に勉強時間を確保できるのと、講師によりますが解説も分かり易いです。

iTECやTACなどがあるので、Webで調べてみてください。 

4.公開模試

公開模試については、講座に比べて金額的にも安いのでぜひ受けた方が良いです。
できるだけ早い日程のものを受験して、手応えの確認、時間の感覚を養った方が良いです。
模試と同じ問題が本試験で出ることは稀ですが、間違えた問題の要素技術については必ずケアしておきましょう。(出題されると必ず後悔します。)

こちらもiTECやTACなどがあるので、Webで調べてみてください。

5.その他

あと、細かいところでは下記です。
・最新のネット技術のキャッチアップ
 1年ほど日経NETWORKを購読しました。
  新旧満遍なく技術の説明や障害事例の記事などがあるので、良い気分転換にはなります。
 (試験対策になったかは微妙なところですが。。)

・解いた問題や解答をノートにまとめておく
 私の場合は問題をA4白紙のルーズリーフに印刷し、自身の解答と合わせてバインダに纏めるようにしていました。
 

・当日は会場で見直しできないつもりでいる
 休憩時間に教材を見られる時間は意外に短いですし、午後は特に頭を休めた方が良いです。

・当日の昼食は早めに確保
 会場近くになるにつれて食糧難になります。
 会場最寄り駅の中か駅近のコンビニか等で確保することをオススメします。

 

記事は以上です。
受験される方のヒントになれば幸いです。

2018年の目標と行動計画

今週のお題「2018年の抱負」

昨年に引き続き2018年の目標を立てる。
昨年は細かく・欲張り過ぎたので、もう少し分かりやすく立てる。

1.健康

【目標と行動計画】

①体重を減らす。(83kg→70kg)
 ⇒週3回以上運動する。(フィットネスと自宅の両方で。)
②人間ドックで再検査項目を出さない。
③視力を低下させない。
④だらだら夜更かしをやめる。
 ⇒やりたいことを明確にし、時間切りでやりきる。

2.仕事

【目標と行動計画】

①Nプロジェクトの立て直し、3月末迄のスケジュール完遂。
 ⇒早め早めの計画、要員の有効活用、メンバーのメンタル面のケア。
②Sプロジェクトへの本格的な参画、Azure有識者になる。
 ⇒4月からの参画に向け、Azureの基礎知識を抑え、資格取得を行う。
③P・D・Bプロジェクトからの離任。
 ⇒3月末まで継続的に支援、他メンバーへの引継ぎを実施する。
  (主にPプロジェクト)

3.仕事×趣味

【目標と行動計画】

①データベース知識の習得
 ⇒データベーススペシャリストの取得。
 ⇒Oracle 11g Goldの取得。
クラウド知識の習得
 ⇒AWS関連の資格取得。
 ⇒Azure関連の資格取得。
③アプリケーション開発知識の習得
 ⇒手始めに自宅家計簿(Excel)のWebアプリ化を行う。
④OS知識の習得
 ⇒LPIC Level3の取得。

4.趣味

【目標と行動計画】

①計画的にレジャーに出かける。
 ⇒旅行、ドライブ、映画等は計画を立てて実施する。
②写真撮影技術の向上
 ⇒カメラを持ち歩く癖を付け、兎に角枚数を撮る。

5.生活全般

【目標と行動計画】

①2017年より多く貯金する。
②投資・投機により、利益を出す。
 ⇒仮想通貨取引や株取引などで、少しずつ利益を出す。
 ⇒追加で口座の開設を行い、少しずつ実施。
③計画的にふるさと納税する。
④副業のネタ出し。

-以上-

2017年の振り返り

 

yamatetsu.hatenablog.com

 2017年が終わり、2018年になったので、昨年を振り返る。
昨年の目標を改めて見ると数が多すぎるので、2018年の目標を立てるときはもう少し数を減らしても良いんじゃないかと思った。

  1. 健康のこと   ⇒約50%達成
  2. 仕事のこと   ⇒約20%達成(年初と状況が大きく変動(途中見直しするべきだった。。))
  3. 仕事×趣味のこと ⇒約40%達成
  4. 趣味のこと   ⇒約50%達成
  5. 家計のこと   ⇒約40%達成

ざっくり上記のような達成状況で、達成したことは下記の通り。

1.健康
[OK]
 ・人間ドックで再検査項目無し。
 ・視力の(著しい)低下無し。
[NG]
 ・体重については若干(+1-2kg程度)増加
  ⇒仕事が忙しくなっても、フィットネスに行けなくても、運動するサイクルを生活に組み込むべし。
 ・若干睡眠不足気味
  ⇒メリハリのある生活にする。(夜に何をするか・したいかが決まっていなことが問題か?)

2.仕事
[OK]
 ・Aプロジェクトについては無事リリースし安定稼働中。
  保守についても顧客パートナーにて推進中。
  次フェーズについては立ち上がりきらず。。
  別メンバーにリーダーを引き継いだため、サポート中。(形式的には3末迄)
 ・Bプロジェクトについては要件定義・方式設計フェーズのみ関与。
  後続工程からは離任。(別プロジェクトSへ、その後プロジェクトNの火消しへ)
 ・C、Dプロジェクトについては粛々と対応中。
  (安定稼働のため、あまりやることなし。)
 ・若手育成については粛々と実施中。
 ・その他としては、縁があり新規顧客の営業活動に参画。
  (AWSを利用したソリューションの提案。)
  ⇒暇そうな顔をしていると色々声が掛かると思われる。
 ※昨年目標計画時にA、B、C・・・と書いたが、わけわからんので今年からはもう少し分かりやすく書く。。。
[NG]
 ・残業時間については諸事情(Nプロジェクトの火消し)により悪化中。

3.仕事×趣味
[OK]
 ・ネットワークスペシャリストを無事取得。
  ⇒詳細については別途記事にします。
 ・縁がありAWSを利用したシステムの要件定義に少しだけ参画。
  また、別顧客へのAWSを利用したソリューション提案を実施。
  (提案資料を書く練習になったため良かったです。)
[NG]
 ・データベースについては目に見える成果なし。
  ⇒2018年度に繰り越す。
 ・OS知識については目に見える成果なし。

4.趣味
[OK]
 ・マカオに行ってきました。(2回目)
 ・友人の結婚式にて写真を撮る機会があり、良い練習になりました。
  (遠慮して、フラッシュを持っていかなかったことだけ後悔。。)
[NG]
 ・ドライブについては無計画なものが多かったです。
  (計画的なものは草津温泉ぐらいか。。)
 ・映画についてはそこまで見に行かなかったです。
  (直近記憶にあるのが、SW8ぐらいか。。)

5.家計
[OK]
 ・貯金目標額はおそらく達成。(12月分をまだ〆ていないのでおそらく。。)
 ・仮想通貨で小金を稼いだ。(10万⇒15万程度)
 ・自分及び相方の生命保険を契約。
[NG]
 ・株取引はやらなかったです。(会社の持株程度)
 ・ふるさと納税については年末にバタバタしたため反省。
 ・副業のことはすっかり忘れてました。。

 

コインチェックに登録してみた

 下記の本を読んで、仮想通貨に興味が湧いたので2つ試してみた。

yamatetsu.hatenablog.com

  • ローカルPC上でイーサリアムを稼働させてみる。
    下記サイトを参考にやってみると簡単にできました。
    (ただし、記事に書いているバージョンのものを使ってです。)
    ブロックチェーンEthereum入門 1 | NTTデータ先端技術株式会社

  • インチェックにアカウントを作ってみる。
    日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
    こちらについても5分もあれば、本人確認書類の送付まで終わりました。
    先方から、住所確認のためにハガキが来るとのことで、人手を介しているせいか、だいたい1~2営業日かかるとのこと。
    (実際に触り始めたら、また記事を書いてみます。)

【読書】超AI時代の生存戦略(落合陽一)

[rakuten:book:18289304:detail]

GWということで、こちらの本についても読みました。
サブタイトルとしては、「シンギュラリティに備える34のリスト」とのことで、まずはシンギュラリティの言葉の意味が分からない。。

調べてみると、シンギュラリティ=技術的特異点 とのことでした。

技術的特異点 - Wikipedia

この単語だけでなく、頻繁にカタカナ(英語)が出て来るため、その都度意味を調べて読む必要がある。
(できれば注釈を入れて欲しいとも思ったが、ググればすぐに出る言葉なので、別に構わないと判断したのかも。。)

 下記に印象に残った点を列挙する。

  • シンギュラリティ(技術特異点)によって、自分の専門的修練がコモディティ化(個性が失われ)され、民主化されるのでは?
    よって、人工知能に職を失われるのではないかという、テクノフォビア(技術恐怖症)をマスメディア等が煽ってきたが、そうではないんだよと。
    (AIで自動化できるとこは自動化して、人間はもっとクリエイティブに過ごそうよと筆者は言っている。)
  • ワークライフバランス」よりも「ワークアズライフ」として考えたほうが良い。
  • コミュニティは「30人」が限界ではないか。
  • グローバルでニッチにならなくてもローカルでニッチであれば、それなりに通用する。(井の中の蛙でも良いんじゃないか。)
    各人のブルーオーシャンを探すことが大事。
  • インターネットに管理されようが、インターネットを管理しようがどちらでも良いんじゃないか。
  • 仕事になりそうな3つの趣味を持て。
  • 伝える技術は考える技術よりも重要
    エンタメなプレゼンなのか、情報伝達のためのプレゼンなのかを考えるべし。
  • スペシャリストであることが大前提。(ジェネラリストなだけではダメ)
  • 自分にとって何が「エモい」のかを知る必要がある。
  • 土地の価値は、人の移動が民主化したときに大きく変動する。
  • 心はやがて人工知能によって実証され解体され記述され得る関数である。

 

ここからは感じたこと・考えたことを列挙する。

  • 人工知能の発展で2040年代に職がなくなるのではないかという不安
    私自身の考えとしては、人工知能で今やってる仕事をやってくれるなら大歓迎だし、その分他の良く分からん(未知な)仕事を出来るほうが楽しいのでは?と思う。
    #大卒だと22歳から65歳(もっとかも)まで、同じような仕事をし続けるのは勘弁して欲しい。
  • 「ワークアズライフ」という考えには私自身も賛成。
    スマホやインターネットが発達した世の中で、プライベートとワークを分けることは不可能ではないかと思う。
    職場から帰宅したあとも仕事の電話が入ることもあるし、職業柄(SE)深夜にも電話が掛かってきて、リモートで対応することもある。
    体力的にキツイときもあるが、そこはチームでの仕事なのである程度はリカバリが効いている。
    あと、プライベートをワークにある程度持ち込んでも良いんじゃないかとも考える。
    これだけ多様性のある世の中(妊娠、介護、子育て、自身の病気)で働いている以上、金太郎飴的なワークは難しいのではないかと思う。
    結局、「ワークライフバランス」と色々な企業が掲げているが、横並びの「ワークライフバランス」ではなく、各個人個人を考慮した「ワークアズライフ」の方が現代に適しているのではないだろうか。
  • ローカルなニッチ→グローバルなニッチにブルーオーシャンを探しつつ、移行していくのが良いと感じた。
    ニッチを極めれば、結局のところのスペシャリストだと思うため。
  • 「中間」がコンピュータにやられる。と言う点には少し違和感を感じた。
    言ってることは正しいと思うのだが、このような効率だけではなくエモいところはコンピュータへの置き換えはかなり終盤になるのでは無いかと思う。
    人対人のエモい調整は最後の最後まで残ってしまうのではないかと予測。
  • プレゼンベースの仕事が効率的であるという話。
    これには激しく賛同する。
    どれだけ大きな仕事や小さな仕事であっても、終点を見定めずに取り掛かるとロクなことが無い。
    本当の終点でなくても、中間終点のようなものでも良いので常に意識する必要がある。(社会人で仕事が出来なかったり、鬱になる人はここが弱いのではないかと常々思う。)

 

落合さんの考えには共感できるものが多いが、その反面、先を見据え過ぎていて常人には理解できないものもあると思った。
(かなり思考の行間が省かれているので、行間を推察する必要がありそう。)

 

【読書】いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン(大塚雄介)

GWということで上記を読みました。
ざっくりした感想としては、技術者向けのビットコインやブロックチェーンの話ではなく、一般消費者向けの書籍という感じでした。

私自身、ビットコインやブロックチェーンという言葉を聞く機会が多いわりに良く分かっていないのでとりあえず本屋で目についた本書を買ってみた次第です。

ブロックチェーンの実装的な話は、下記サイトに良さそうな実例があったので、GW中に試して見ようと思います。
ブロックチェーンEthereum入門 1 | NTTデータ先端技術株式会社

 下記に印象に残った点と感じた点を列挙する。

  • ビットコインは仮想通貨の中の一つ。他にも色々ある。
  • 取引するためには本人確認されている必要がある。
    FXや証券等と同じでクリーンなイメージを持ちました。
  • 変動要素が多い。
    仮想通貨自体の価値が変動するし、手数料も変動する可能性がある。
  • 仮想通貨によって決済スピードが異なる。(マイニング(承認)間隔が違うため。)
  • 海外送金(少額)に向いている。
  • 仮想通貨毎に上限が決まっている。
  • 半減期がある。
    が、ムーアの法則に従うため、ムーアの法則が崩れるような技術的革新があれば、状況が変わるかも。
  • 取引所のIDとPWは、クレジットカードで言うところのカード番号と有効期限のようなもの。
  • 全てをオンラインで管理せず、オフラインで管理している。
  • ブロックチェーン技術については、他にも使い道がありそう。(不動産取引とか)
  • 仮想通貨の取引自体をなかったことにすることができる。(ハードフォーク)
    ブロックチェーンを枝分かれさせる禁じ手のようなもの。
    #イーサリアムとイーサリアム・クラシックの話。
  • 仮想通貨を名乗りつつ、ただのポイントと変わらないものもある。
    MUFGコイン

 ここからは私自身の推察です。

  • ブロックチェーンが銀行等の金融機関同士の送金システムに用いられるのは時間の問題。
    既存の全銀システムに取って代わるとまでは言わないが、併存するようなシステム構成になるのではないかと思う。
    イメージ的にはオンライン外部接続サーバ(ブロックチェーン用)を各拠点に立てて、公衆網を使ってやり取りするような構成イメージです。
    #それ用のソフトウェアを作って、世の中に広めれば、基盤のデファクトスタンダードになるかも。。(セゾンのHULFTのような)
  • 日本国内で仮想通貨が広まるなら、決済スピードの早いRippleでは無いかと推測。
    Suicananaco等の電子マネーでは、改札の通過やレジでのスピード決済のため、決済スピードが求められてきた。
    その例に従うなら、Rippleではないかと思う。
    ただし、決済スピードを意識しないような取引では他の仮想通貨にも優位性があるため、現状の電子マネーのように乱立状態となる可能性もある。
  • ブロックチェーンを使って新規サービスが生まれるというよりも、既存サービスを提供するための技術として使われる可能性が高いのではないかと推測。(本でも書いてたかも。)
    最近の金融系システムのトラブルで印象に残っているのは、CARDNETのシステム障害で、その際は5-6時間ぐらいJCBのクレジット決済が出来ない事象が発生した。
    現状のシステム構成では、経由箇所で障害が発生した場合に迂回システムが無く、影響がでることがあるため、ブロックチェーンを利用した分散型の複数事業者によるシステム構成にすれば、影響を最小限に抑えることができるのではないか。(無論、エンドシステムで障害が発生した場合はどうしようも無いが。)

まずは、仮想通貨×ブロックチェーンのざっくりした知識を得たので、今度はブロックチェーンを実際に触ってみて、特徴等を確認してみようと思う。

 

情報処理試験(データベーススペシャリスト)の敗因分析

予定通り4/16(日)に情報処理試験(データベーススペシャリスト)を受験してきました。

本試験の約1ヶ月半ぐらい前に下記の記事を書いたのですが、その内容も交えて振り返りをしたいと思います。

yamatetsu.hatenablog.com

今回の記事のタイトルの通り、振り返り(敗因分析)となります。

私は午前Ⅰ試験が免除でしたので、午前Ⅱから午後Ⅰまで 受けて帰りました。。
(午後Ⅰで実力不足と判断し、午後Ⅱを目の前に敵前逃亡です。)

 

まずは、午前Ⅱについて振り返ります。
 午前Ⅱについては見慣れた問題が多く、悩んだ問題としては下記一つぐらいでした。

・問9のSQLの3値理論
 上記の記事を読めば分かる通り、今回の問題のAが5、Bが4、CがNULLの時、A>Cはunknown、B>Aはfalse、C=Aはunknownなので、3式をORで比較すると、unknownの方が勝ちます。
codezine.jp

 

続いて、午後Ⅰを振り返ります。
午後Ⅰは3問中2問を選択するのですが、問1と問3を選びました。
その結果、問1を45分で解ききれず、ズルズルと時間が経過してしまい、問3を解く時間が無くなり、明らかに60点を取れそうに無い結果となってしまいました。

 上記事実に対して、何がマズかったのかを分析して、来年に活かしたいと考えています。

  1. 3問から2問を選択する際に、問1と3を選ぶのが適切だったのかどうか。
    問1についてはほぼ毎年出題される「基礎理論」、問2については「SQL(排他制御/デッドロック)」、問3については「SQL(性能/索引/移行)」であった。
    定石であれば、問1と問2 or 問3だと思うのだが、本当に問1の「基礎理論」に飛びついて良かったのだろうか。
    普段の仕事で業務設計をバリバリこなしているSEであれば、試験対策をした上でスピード感を持って解くことが可能だと思うが、私自身インフラよりのSEであるため、そうはいかなかった。
    (無論、インフラよりのSEでも業務設計やプログラミングをバリバリこなすSEも居るが、私に限ってはそうではない。)

    上記で書いたような、試験対策の定石と自身の得意分野が一致しないことは多々ある。
    過去にセキュリティスペシャリストを受験した際も、セキュアコーディングを選ぶか選ばないかで悩む場面があった。
    (確か合格した時は、セキュアコーディングを選ばず、運用系やNW系と絡めたセキュリティ問題を選んだ記憶がある。)

    これらをふまえて、来年受験時の方針としては、過去問に対して万遍なく対策し、自身が日々の業務で関わったことのあるテーマの設問を選択するようにしたいと思う。

  2. 問1から解きのが適切だったのかどうか。
    この点に関しては明らかに失敗だったと思う。(と言うか、何も考えていなかった。)
    時間の掛かりそうな問1は後回しにし、問3から解くべきであったと反省。

  3. 解答時の時間配分について適切だったのかどうか。
    時間配分については常に悩ましい問題である。
    問題を解いている時の心理としては、後5分あればもう少し解けるのではないだろうか?と感じるが、決してそんなことはない。
    40分や45分過ぎた段階で大問を1つ解き切れていないということは、明らかに問題を理解できていない(実力不足)可能性が高いので、さっさと次の大問に移った方が良い。
    その方が、トータルとして取れる点数も増える可能性が高いと考える。

まとめ

  1. 試験対策に拘らず、万遍なく過去問に取り組む。
  2. 実務で取り組んだことのあるテーマの設問を極力選択する。
  3. 時間配分に従い解き、ダメならさっさと次の大問を解き始める。

稚拙ではありますが、以上を振り返りとし、来年に挑みたいと思います。
(その前に、秋にネットワークスペシャリストを受験します。)

 あと、白紙ルーズリーフに問題を印刷する方法は、試験直前の見直しや試験会場への持ち込み等で便利だったので、今後もこのやり方でいこうと思います。