読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEのアウトプット練習帳

関東在住のSEがやりたいこと、やったこと、思ったことを自由気ままに書きます。

【読書】いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン(大塚雄介)

GWということで上記を読みました。
ざっくりした感想としては、技術者向けのビットコインやブロックチェーンの話ではなく、一般消費者向けの書籍という感じでした。

私自身、ビットコインやブロックチェーンという言葉を聞く機会が多いわりに良く分かっていないのでとりあえず本屋で目についた本書を買ってみた次第です。

ブロックチェーンの実装的な話は、下記サイトに良さそうな実例があったので、GW中に試して見ようと思います。
ブロックチェーンEthereum入門 1 | NTTデータ先端技術株式会社

 下記に印象に残った点と感じた点を列挙する。

  • ビットコインは仮想通貨の中の一つ。他にも色々ある。
  • 取引するためには本人確認されている必要がある。
    FXや証券等と同じでクリーンなイメージを持ちました。
  • 変動要素が多い。
    仮想通貨自体の価値が変動するし、手数料も変動する可能性がある。
  • 仮想通貨によって決済スピードが異なる。(マイニング(承認)間隔が違うため。)
  • 海外送金(少額)に向いている。
  • 仮想通貨毎に上限が決まっている。
  • 半減期がある。
    が、ムーアの法則に従うため、ムーアの法則が崩れるような技術的革新があれば、状況が変わるかも。
  • 取引所のIDとPWは、クレジットカードで言うところのカード番号と有効期限のようなもの。
  • 全てをオンラインで管理せず、オフラインで管理している。
  • ブロックチェーン技術については、他にも使い道がありそう。(不動産取引とか)
  • 仮想通貨の取引自体をなかったことにすることができる。(ハードフォーク)
    ブロックチェーンを枝分かれさせる禁じ手のようなもの。
    #イーサリアムとイーサリアム・クラシックの話。
  • 仮想通貨を名乗りつつ、ただのポイントと変わらないものもある。
    MUFGコイン

 ここからは私自身の推察です。

  • ブロックチェーンが銀行等の金融機関同士の送金システムに用いられるのは時間の問題。
    既存の全銀システムに取って代わるとまでは言わないが、併存するようなシステム構成になるのではないかと思う。
    イメージ的にはオンライン外部接続サーバ(ブロックチェーン用)を各拠点に立てて、公衆網を使ってやり取りするような構成イメージです。
    #それ用のソフトウェアを作って、世の中に広めれば、基盤のデファクトスタンダードになるかも。。(セゾンのHULFTのような)
  • 日本国内で仮想通貨が広まるなら、決済スピードの早いRippleでは無いかと推測。
    Suicananaco等の電子マネーでは、改札の通過やレジでのスピード決済のため、決済スピードが求められてきた。
    その例に従うなら、Rippleではないかと思う。
    ただし、決済スピードを意識しないような取引では他の仮想通貨にも優位性があるため、現状の電子マネーのように乱立状態となる可能性もある。
  • ブロックチェーンを使って新規サービスが生まれるというよりも、既存サービスを提供するための技術として使われる可能性が高いのではないかと推測。(本でも書いてたかも。)
    最近の金融系システムのトラブルで印象に残っているのは、CARDNETのシステム障害で、その際は5-6時間ぐらいJCBのクレジット決済が出来ない事象が発生した。
    現状のシステム構成では、経由箇所で障害が発生した場合に迂回システムが無く、影響がでることがあるため、ブロックチェーンを利用した分散型の複数事業者によるシステム構成にすれば、影響を最小限に抑えることができるのではないか。(無論、エンドシステムで障害が発生した場合はどうしようも無いが。)

まずは、仮想通貨×ブロックチェーンのざっくりした知識を得たので、今度はブロックチェーンを実際に触ってみて、特徴等を確認してみようと思う。